股関節のつまり

足の付け根が痛いと思うことがある。

 

1.股関節のつまり 重症度チェック

股関節の違和感程度→股関節のツマリ

限界域まで動かすと痛みを感じる・屈曲 内転 内旋→股関節インピンジメントの発生の可能性あり

長い時間座ったり、坂を上ったりするような運動で痛みを感じる→股関節インピンジメントの進行

夜間の安静時や平らな場所を歩いているときに痛みを感じる→変形性股関節症

股関節インピンジメント(英: femoroacetabular impingement, FAI)とは、股関節を形成する大腿骨ないし寛骨臼の構造的問題のため、反復動作により関節軟骨や関節唇といった股関節の周辺構造に微細な損傷や変性をきたす疾患である(「インピンジメント」とは衝突を意味する)。緩徐に発症する鼠径部痛を特徴とし、長時間の歩行や長時間の坐位などによって疼痛が増強する。

最初は、股関節を限界付近に動かすと痛みを感じるかもしれません。 しかし、状態が進行するにつれて、長い時間座ったり、丘を上ったりするような微妙な活動で痛みを感じることがあります。 夜間や平らな場所を歩いているときに起こる痛みは、ボールとソケットをクッションしている軟骨が変形し始め、磨耗していることを示しています。これは変形性関節症と呼ばれる状態です。

変形性股関節症状になると、大腿骨頭や寛骨臼に変性や関節唇損傷を生じているために、大規模な治療が必要です。状態を見て手術療法が選択されますが、効果が高いです。

また放置していると恥骨等の周辺部に疲労骨折等を生じることがあります。早めの対処が重要です。

2.股関節のつまりの原因

変形性股関節症の場合は寛骨臼や大腿骨頭、関節唇の損傷や変性肥大が原因となります。

そこまで進行していない一般的な「つまり」の場合は、寛骨臼と大腿骨頭の噛み合わせの位置が少しズレていることが考えられます。

例えば大腿骨頭が数mm前に出たり、噛み合わせが浅くなったりしただけで、可動域に制限が出てしまいます。

このうまく動かないことや、少し動かしただけで違和感を感じることは、その正常ではない状態が引き起こしているのです。

これがなぜ起きるかというと、股関節周辺の深層筋のアンバランスな使い方が生じているからです。

 

3.股関節のつまりはどうやって治すか

http://ameblo.jp/bebe-pooh/entry-11940679889.html

http://orthoinfo.aaos.org/topic.cfm?topic=a00571

 

http://www.webmd.com/pain-management/hip-impingement-causes-treatments#1

大腿四頭筋のストレッチを

膝の上側に効果的な大腿四頭筋のストレッチをご紹介します。

大腿四頭筋ストレッチ1

写真のクッションはストレッチポールハーフカットを使用しています

写真の態勢をとります。右膝は直接床につけると痛いのでクッション等を利用してください。右手で右足の甲をつかみ体側に引き寄せます。腿前をよくストレッチしてください。

大腿四頭筋ストレッチ2

写真ではストレッチポールEXを支えにしています

上記の態勢がきつい方は、机や壁などを支えに立ったまま行うこともできます。その際は腰が反らないようにしてください。腿前がストレッチされる感覚があればOKです。

大腿筋膜張筋ストレッチ

腸腰筋

今日から脚が軽くなる腸腰筋ストレッチ5選+α

中殿筋・小殿筋

梨状筋

縫工筋


ハムストリング

■肩甲骨とお尻の連動を出すヒップリフト

2233

写真の態勢をとります。右腕と左足をあげておいた状態から、お尻も一緒に腰から浮かせます。右ヒザから肩までを一直線に保ってください。左足と右肩で床面をしっかり押し付けます。10秒キープして反対側も行います。2〜3セット。走る時もこの連動のイメージで走ります。

※キャット&ドッグを行っていないと左右差が出ます。これを行う前には必ず行うようにしてください。

2234

上記のエクササイズでハムストリングス(もも裏)がつりそうな方は、お尻がうまく使えていないので、このストレッチで十分にほぐして行ってください

荷重をかけた8の字

理学療法士によるモビライゼーション

ペルコン