ストレッチポール®にダイエット効果は?その理由を徹底分析

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
体重ヘルプ

「ストレッチポールに乗り始めてからズボンが緩くなった」とか、「2キロやせた」などという声をよく聞きます。キツイ運動や食事制限をすることなく、ストレッチポールに乗るだけで、ダイエットできるとしたらとても嬉しいことですよね。

でもそれはホントなんでしょうか? そこで今回は、ストレッチポールのダイエット効果について、徹底分析をしていきます。

ストレッチポールストレッチポール®をお求めの方へ
ストレッチポール®は㈱LPNの登録商標(第4666450号)です。正規品は公式LPNショップにて、またAmazonでも正規品をお買い求め頂けます。
バナー原稿imp


【PR】高純度なのに溶けやすい!当ブログおすすめのアルプロン・プロテインが3,456円〜

1. ストレッチポールによる直接のダイエット効果はない

結論からいうと、ストレッチポールのエクササイズによる直接的なダイエット効果は望めません。

具体的にここでは、心拍数の変化に焦点を当ててお話しさせていただきます。ダイエット効果として認知される「脂肪燃焼効果」は心拍数と密接な関係があると考えられています。脂肪燃焼効果を促進するためには、心拍数を最大心拍数の60%~80%程度へ引き上げることが必要とされています。

有酸素運動などで、ダイエットのための運動強度を求める際にもこの考え方は当てはまり、計算式を用いてやせるための運動強度の計算をします。これはカルボーネン法としてよく知られているものです。

運動強度=(心拍数-安静時心拍数)÷(最大心拍数-安静時心拍数)×100
目標心拍数=運動強度×(最大心拍数-安静時心拍数)+安静時心拍数

例えば、安静時の心拍数が60、最大心拍数180の人が強度50%の運動をしたい場合、

0.5×(180-60)+60=120 → 心拍数が120になるよう運動すればよい、となります。

しかし最大心拍数の測定は簡単ではないため、通常は年齢から推測します。

推測される最大心拍数=220-年齢。つまり、年齢30歳の場合、推測される最大心拍数は220-30=190となります。

心拍数

ストレッチポールで行う通常のエクササイズでは、上記の範囲まで心拍数を向上させることが難しいため、ダイエット効果を感じるほどの脂肪燃焼にはなりません。つまり、ストレッチポールのエクササイズだけでは、直接的なダイエット効果が得られないのです。(2015年9月時点での科学的根拠)


【当ブログ限定プレゼント】人気記事“体幹トレーニング50選”が無料eBookになりました!

2. お客様の声から推測するストレッチポールのダイエット効果について

しかし、お客様の声や使用者のレビューの中に「やせた」「ダイエット効果があった」という声があるのも事実です。ストレッチポールには脂肪燃焼効果がないのにも関わらず、なぜこのようなことが起きるのでしょうか。

ここでは、科学的根拠として断言することができませんが、考えうることとして、ストレッチポールのダイエット効果についてお伝えします。

2-1.姿勢の改善による内臓位置の修正

ウエストが細くなったことでダイエット効果を感じる方の多くはこのタイプに当てはまるかもしれません。日常において不良姿勢のままでいると、内臓下垂などを引き起こしやすくなります。つまり、臓器の位置が崩れている状態です。

ぽっこりお腹21これはぽっこりお腹や、内臓の働きを悪くして太りやすいカラダになる原因にもなります。ストレッチポールでのエクササイズにより、カラダが整うことで、内臓の位置が元に戻り、その結果、ぽっこりお腹の解消によるウエスト減やダイエット効果の感覚に繋がっていることが考えられます。

2-2.血行促進によるむくみの改善

「脚が細くなった」「長期間使っていたらウエストや腕が細くなった気がする」という声は血行促進によるものだと考えられます。デスクワークや運動不足により、カラダをあまり動かさないと、血液循環が悪くなり、むくみが起きたり脂肪がつきやすくなります。

このような症状がある方は、ストレッチポールのエクササイズをすることで、血行促進による代謝機能向上が起こったのかもしれません。この結果としてダイエット効果を感じられたのではないかと考えられます。

むくみ

 

2-3.可動域向上による運動強度の上昇

最後は運動を行っている方へのダイエット効果向上の可能性です。同じ運動を行っていても筋肉などの可動域が広いか狭いかで体内で使用されるエネルギー量が異なります.もちろん、可動域が広い方がよく使われます。

ストレッチ3ストレッチポールのエクササイズをすることで、筋肉の張りやコリを取ることができ、可動域を向上させることが期待できます。このことによって、脂肪燃焼効果を引き上げることができるため、それがダイエット効果を感じる結果になったのではないかと考えられます。

また、ふだん運動不足ぎみだった方が、ストレッチポールを購入したことで、カラダの状態に気づきを持つようになり、少しずつ運動習慣を取り入れられて、その結果やせたということもよくあります。

3. まとめ

ストレッチポールは様々な効果が期待でき、活用されているお客様から多くの喜びの声をいただいております。ストレッチポールのエクササイズを行うことで次のような効果を期待することができます。

・背骨を整える効果
・緊張した筋肉を緩める効果
・肩こりや腰痛の予防効果
・不眠解消効果
・脚のむくみ解消効果
・冷え症対策効果

このほかにも、専門医の方による監修のもとで側弯症が改善されたケースもあります。

ご説明した通り、ストレッチポールによって直接的なダイエット効果はありません。しかし、運動の効果を高めるツールということは言い切れると思います。健康習慣のため、ぜひお使い頂けると幸いです。

また、ストレッチポールについて興味をもって頂いた方のために「買う前に知りたいストレッチポール®の口コミ・ニーズ別全まとめ」を執筆しました。この中でもダイエット効果について、ユーザーさんの意見が語られています。興味がありましたらそちらも併せてどうぞご覧ください。

ストレッチポールストレッチポール®をお求めの方へ
ストレッチポール®は㈱LPNの登録商標(第4666450号)です。正規品は公式LPNショップにて、またAmazonでも正規品をお買い求め頂けます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

10分間のストレッチポール運動だけで、ダイエットの敵「足のむくみ」や「冷え性」を解消します

ストレッチポールは累計160万本の実績。プロスポーツだけでなく、医療分野でも使われています。脱力状態での運動が手足の血流を促進し全身ポカポカ。ダイエットの敵となる冷えを防ぎます。


ストレッチポール®詳細ページを見る

SNSで簡単に更新情報を受け取ることが出来ます。